少しずつ良くなるよ…(その2)

一人さん comments(0) - まるかんのお店岡井家(おかいや)

つづき

 

「そうだよね、わかるよ」と

周りの人の話を聞くこと

 

🌺一人さん🌺

柴ちゃん、人の話を聞くときは

まず最初に

「そうだよね、わかるよ」って

言ってあげるといいよね

「相手の話を聞くよりも、自分の話を聞いて

もらいたいんだよね。

だから、すぐに「いや・・・」

といって自分の話をしてしまう。

でも、「いや・・・」と

言ったとたんに相手の人は

『自分が言ったことを否定された」

と思って

パッと心を閉じちゃうんだよ。

 

これは、相手の人だけじゃないよ。

「いや・・・」と言ったとたんに実は、

柴ちゃん自身の心も

閉じてしまっているんだよ。

 

脳というのは、

自分がしゃべっている言葉の

”主語”がにんしきできないの。

脳は相手に言った言葉なのに、

まるで自分に向かって

言われたかのように

受け取るんだよ。

 

だからもし、誰かに向かって

「バカヤロウ!」って言ったら

脳は自分に対しても

「バカヤロウ」って

言われたようなダメージを

受けるんだよ。

 

そのくらい、自分が口にした言葉って

心と体に影響しているんだよ。

だから、否定的な言葉を

口にしちゃダメなの。

 

相手のいっていることに

同意できなくてもいいの。

まずは、

「そうだよね、わかるよ」なの。

これを言うと、相手の心がパッと開くの。

「オレはこの人を受け入れよう!」

っていうふうに開くんだよ。…

 

自分を好きになるには、

まず目の前の人に

自分から愛を投げかけて

相手からも愛されることだよね

それが「そうだよね、わかるよ」をいう

言葉を言っているだけで

自然とできてくるんだよ。

 

🌸柴崎さん🌸

 

一人さんの話を聞いて

自分の口ぐせが

「否定的な言葉から始まる」

ということにきづく…

 

子供の頃から

人の事を受け入れ

られなかった…

 

口ぐせを

「そうだよね、わかるよ」に!

妻の話を聞くときも… 

幼稚園に通う息子の話を聞くときも…

親戚から電話がかかってきても…

病院の先生の話を聞くときも…

「そうだよね、わかるよ」

「そうですよね、わかります」

 

この言葉を使うようになって

気付いたこと…

とにかく相手から好かれます。

この言葉を言った瞬間、

相手の顔がパッと輝くのです。

相手がいっせいに、

私に心を開いてくれるのです。

その瞬間、私の心もほっと温かくなり

「この人のことが大好きだ!」

そんな気持ちでいっぱいになり

心地よく話を聞くことができるのです。

「そうだよね、わかるよ」

この言葉を使うようになってから

急激に、人とのコミュニケーションが

上手くなりました。

そして、不思議な事に自分自身のことが

好きになったのです。

 

🌼メッセージ🌼

相手の話に共鳴していることを伝える。

そして、相手のことを受け入れる。

この、短い言葉の中には

そんな一人さんの深い思いがこめられて

いるのです。

「そうだよね、わかるよ」は

人間関係をスムーズにする魔法の言葉。

自分自身のことも、好きになる

魔法の言葉です。

 

💗元気が出てくる💗

「一人さんの魔法の言葉」

 

「そうだよね、わかるよ」って

言ったとたん

相手の心も

自分の心もパッと開くんだよ。

 

 

「人を助けよう!」

という気持ちをもつこと

 

🌺一人さん🌺

柴ちゃんはいま、

『誰かに助けてもらいたい』

という気持ちで

一日の大半を過ごしているよね。

 

そういう気持ちで待っていても

助かることはできないよ。

柴ちゃんが

人を助けたい!と思った時

柴ちゃんんが抱えている

「困ったこと」から抜けられるように

なっているの。

 

これは、お釈迦さまの

「托鉢の教え」っていうんだ。

昔、お釈迦さまが、

これから托鉢にでかけようとしている

お弟子さんに、こんなことを言ったの。

「貧しい人のところをまわりなさい」

托鉢っていうのは、修業しながら

ごはんやお金をもらうことだから

お金持ちのところに行ったほうが

たくさんもらえるんだよね。

でも、お釈迦さま

「貧しいところをまわりなさい」

って言ったんだよね。

それで、お弟子さんたちは

スラム街のようなところを

まわって歩いたんだよ。

そうすると、自分たちもろくに

食べていないような人が

スプーン一杯ずつ、

ご飯を恵んでくれるの。

お弟子さんは何か所もまわって、

やっとお茶碗一杯分の

ご飯になったとき、

それを持って

お釈迦さまのところへ帰ったのね。

そしてお釈迦さまにたずねたの。

「なぜ、貧しい人のところを

まわりなさいと

おっしゃったのですか?」って。

すると、お釈迦さまはこう答えたんだよ。

「貧しい人たちは、

与えてもらうことを考える人が多い。

それでは何もかわりません。

人は人に恵むようになったとき、初めて

その状況から救われるのです。」

柴ちゃん、わかるかい?

お釈迦さまは「人を助けたい!」

と思ったとき

その人の波動が変わるということを、

よく、ご存じだったんだよ。

 

柴ちゃんも、いま苦しいだろう?

苦しいときだからこそ

人を助けることを

考えてみな。

そのとき、

柴ちゃんの運勢が変わるんだよ。

初めて、今の状況から

抜け出すことができるんだよ

 

🌸柴崎さん🌸

「うつ」になってからの

自分を振り返ってみると…

頭に浮かんできたのは

「自分のことばかり考えている自分」

自分は病人だから、

人に看病してもらって

あたりまえだと思っていた。

 

ひょっとしたら、

こんなに苦しんでいる自分だからこそ

多くの人の役に立てるかもしれない。

 

そう思った日から、

自分が一日も早く元気になって

まるかんのお店を出すことを目標に!

「人の役に立ちたい!」

その一心で、

一人さんから教わったことを

実践し、自分の体と心にいいと思われる

ことは、何でもやる!

 

すると、長年苦しめていた

「うつ」の症状が

日に日に軽くなっていった…

なんと、約三カ月で、「うつ」を治し

念願のまるかんのお店をだすことが!

 

「人を助けたい!」と思った日から

私の波動が変わり

私に起こる現象も

変わってきた…

 

🌼メッセージ🌼

 

こんな自分では

どうせ何もできないだろう…

と、はなから

あきらめてしまっている人も

いるでしょう…

でも、そのままでは

あなたの波動は

永遠に変わりません。

波動が変わらなければ

病気が治まることも

ないのです。

 

今苦しんでいる人こそ

「人を助けたい!」

と考えてみて下さい。

そう考えたとき、

あなたの病気は飛躍的に

良くなります。

私は、一人さんから教わった

「托鉢の教え」で

病気を治すことができ…

この教えを一生胸にきざみ

「うつ」などの心の病気

苦しむ方々に

広めていきたい…

 

💗元気が出てくる💗

「一人さんの魔法の言葉」

 

病気のひとこそ、

「人を助けたい!」と

思ってごらん。

そのとき、あなたの波動が変わって

病気から抜けられるよ。

 

 

 

今、ちょっと元気になれないな…

元気になりたいけど…

どうやったら元気になれるかなと…

元気になる方法を探している方…

良かったら

「奇跡の10か条」

お試しください(^^♪

まずは…

”やってみようかな〜”

気楽な気持ちで💗

 

あなたに…全ての良き事が

雪崩の如く起きます💕

 

一日…顔晴った体に…自分に…

ありがとうを(o^―^o)

 

最後までご覧頂き…

幸せます

 

 

 

kenkoshokuhinninnteitentsuyakoserapisuto

室内2

 

〒756-0088
山口県山陽小野田市東高泊663−6
電話:0836−84−7259

斎藤一人さんの銀座まるかん特約店

まるかんのお店 岡井家
LINE@でついてる情報GET

↓↓↓
友だち追加

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM