斎藤一人さん 愛の言葉(こころ)

一人さん comments(0) - まるかんのお店岡井家(おかいや)

感謝してます

🌸山口県まるかんのお店 岡井家です🌸

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

桜が咲き…

タンポポが咲き…

チューリップが咲き…

お花を見ると癒されますね🌷

 

 

春はウキウキ💕ルンルン💕

な季節でもありますが

 

 

新しい環境になる人も増え

精神的にもストレスを

抱えやすくなったり…

 

 

寒暖を繰り返す気候の変化に

体が対応できなくて

自律神経が乱れたり…

 

 

心が下に向いてしまう

季節でもあります。

 

 

そこで、今日は・・・

ひとりさんの大好きな話を

お伝えしますね💗

 

 

「神さま」という言葉が出てきますが

何かの宗教とは全く関係ありません。

安心して読んでくださいね。

 もちろん、宗教を否定するものでは

ありません。

 

 

 

神様に上手に助けてもらう方法」

斎藤一人著

 

 

最後のページに

書いてあります💕

以下、本文です😊

 

 

普段は「神さま」のことを

信じている人でも

 

 

ふとした瞬間に

 

 

私って神さまに

見放されているん

じゃないのかな..

思ってしまうことが

あるかもしれませんよね。

 

 

 

例えば…

 

「トラブル」

「困ったこと」

重なったとき。

 

 

 

自分は一生懸命

やっている

つもりなのに

それがなかなか相手に

伝わらないとき。

 

 

 

いろんな人から

否定的なことを

言われたとき。

 

 

 

愛する人から裏切られたとき。

 

 

 

とっても疲れているとき。

 

 

 

そんなときにふっと

 

 

 

私って、神さまから

見放されている

んじゃないかな?

 

 

と思って

しまうんですよね。

 

 

でもね…

 

 

「神さま」

絶対に

あなたのことを

見放したりしません。

 

 

 

あなたが泣いているときも

苦しんでいるときも

 

 

 

あなたの中に

「神さま」は必ずいます

 

 

 

でも、苦しいときや、

悲しいときは

人は「神さま」という存在を

忘れてしまいがちです。

 

 

そういうときは、

 

 

あなたの方が

「神さま」のことを

見放して

しまっているのです。

 

 

 

ひとりさんの大好きな話で

こんな話があります

 

 

👇 👇 👇 👇

 

 

ある男の人が、

 

海岸でぼんやり空を見上げ、

いままでの人生を 

振り返っていました。

 

そして、

自分が歩んできた砂浜を

眺めていたら…

 

そのとき、男の人には

自分と「神さま」の

二人の足跡が見えたのです。

 

それを見た男の人は

とても感動しました。

 

「ああ、オレは

ひとりじゃないいんだ」

 

「いつも神さまと二人で

歩いてきたんだ」

 

と思って、心から

安心したのです。

 

ところが、この男の人に

とてもつらいことが

起こりました。

 

男の人は、

苦しみ、悲しみながら..

 

足をひきずるようにして

海岸にいきました。

 

そして、自分が歩いてきた

砂浜を眺めてみると…

 

その日、足跡は

「一人分」しか

見えませんでした。

 

男の人は心底

ガッカリしました。

 

「ああ、自分はとうとう

ひとりになってしまった。

神さまに

見放されてしまったんだ..」

 

そして、天に向かって

こう言ったのです。

 

「神さま、なぜ私を

見捨てたのですか?」

 

すると、天から

神さまの

声が聞こえてきたのです。

 

 

愛する我が子よ

それは違うよ。

おまえが苦しみ

悲しんでいるとき…

 

私はおまえを

背負って

歩いているんだよ。

 

だから足跡が

一人分しか

見えないんだよ。

 

 

この「神の声」を聞いた

とき男の人は

 

神さまの深い愛に

打たれました。

 

そして、涙が

とまらなかったそうです。

 

 

「神さま」という存在を

 

信じられなくなったら

 

どうぞ、

 

この話を思い出してください。

 

つらいとき

 

悲しいとき

 

寂しいとき

 

 困ったとき…

 

 

あなたは

ひとりぼっち

はないのです

 

 

いつも

「神さま」が

そばにいる

 

 

自分と「神さま」の

二人でいるんです。

 

だから、安心してくださいね。

 

(一人)

 

 

 

「神さまに上手に助けてもらう方法」

本書の中で

伝えたい言葉

 

 

「お守りの言葉」

 

「天之御中主さま

お助けいただきまして

ありがとうございます」

 

 

天之御中主様

(あめのみなかぬしさま)

 

この世を創造して下さった

「大元の神さま」

宇宙の中心になっている神さま。

天の中心に一つだけ存在する絶対神

 

大元の大きい霊ということで

「大霊」とも呼ばれています。

 

「天之御中主様」は

私達人間、ひとりひとりに

「分魂」というものを下さっている

といわれています。

 

悩み事がある時…

考えても…考えても解決策が出ない…

心配事がある時…

心配で心配でいてもたっても

いられない…

地震など恐れがある時…

 

 

お守りの言葉

 

思い出して言われてみて下さい

 

心軽くなります💗

 

天之御中主之様

お助け頂きまして

ありがとうございます

 

最後までご覧頂き

感謝します

 

kenkoshokuhinninnteitentsuyakoserapisuto

室内2

 

〒756-0088
山口県山陽小野田市東高泊663−6
電話:0836−84−7259

斎藤一人さんの銀座まるかん特約店

まるかんのお店 岡井家
LINE@でついてる情報GET

↓↓↓
友だち追加

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM