斎藤一人さん流 体と心が喜ぶ健康

一人さん comments(0) - まるかんのお店岡井家(おかいや)

感謝してます

山口県まるかんのお店 岡井家です

 

 

今日は・・

お店を行うきっかけとなった本

「運命は変えられる」の

中にある特別付録に

ステキなお話が

ありましたのでお伝えしますね🌷  

 

こちらはのお話は、当時行っていた…

「大宇宙エネルギー療法」の時に頂いた

小冊子の内容が書かれてあります。

 

人間の体の仕組み

が書かれています(^▽^)/

 

 

 

「健康を呼び込む奇跡の言葉」

🌸信じなくてもいいですよシリーズ🌸

 

 

 

本来、健康が当然なんです

 

 

 

みなさんに

「健康を呼び込む奇跡の言葉」

というのを教えたいなと

思っているんですけれど

その前に、

話しておかなくてはならない

ことがあるんです。

本来、人間っていうのは、

ふつうなら

健康が当然なんです。

 

それなのに、

なぜ人間は病気になるのか。

なぜ、病気を呼び込むのか。

そして、なぜ

こんなに病気が多いのか。

 

学者さんたちが毎日新製品を考え、

製薬会社が新薬を出し、

お医者さんがいろんな

努力をして

いるにもかかわらず、

なぜ、世の中にはこんなに

病人が多いのか。

 

なおかつ、新しい病気が

どんどんでてきてくる。

人のからだ一つに対して

 

もう何千っていう

病名があるぐらい、

病気が多く、

今までに

なかった病名が増えてる。

 

それは、

おかしいんじゃないのか。

なぜ、病気になるのか、

まずその根本原因を

お話したいと思うんです。

 

 

根本原因が分かったとしても、 

現代医学が必要ないと

いってるのではありません。

 

現代医学を取り入れながら、

私が教えたこともやってみたら

よいのではないかと思います。

 

 

 

 

💗食事のバランスも大事だけど💗

「病は気から」なんです

 

 

 

 

人間のからだというのは、大きく分けて

肉体と精神でできています。

精神を「魂」と呼ぶ人もいます。

何と呼ぼうがみなさんの自由なんですけど

要は、精神と肉体という二つのものに、

わけられるんです。

それで、

肉体のほうは栄養でできているんです。

つまり、人間は日々、ものを食べて

血や細胞をつくっているんです。

 

 

ということは、

病気は食事に問題が

あるんじゃないか。

 

肉ばかり食べちゃうとか、

ついついラーメンが多いとか。

そういう食事のバランスが

取れてない状態を

なんにもしないで

ずーっと放っておけば

確かにからだにはよくないよね。

 

だから、

食事のバランスを

とらなきゃいけない。

ただ、

 青いものが足りないからといって、

青いものを必要な分だけ

一生懸命食べるというのは

以外と難しいんです。

 

しかも、全部無農薬で

とろうとすると

もっと大変です。

 

だけど、

今はサプリメントやなんかで

足りないものを

補うことができるんです。

ウチの会社でいうと、

「青汁酢」

というのがあってそれを飲むことに

よって食事のバランスはとれると

私は思っているんです。

 

そして、バランスをとってくれれば、

食事のことはたいして問題ないと

思っているんです。

 

 

問題は精神のほうです。

精神とは、あなたが考えていること、

思っていることことです。

 

昔から「病は気から」といったんですけれど

今の病気のほとんどは

お医者さんもいっている通り実は

精神的ストレスが

原因のことが多いんです。 

 

 

 

 

🌸トラにあっても、🌸

休止命令が出なければ

問題ないんです

 

 

 

 

まず、「病は気持ちからだよ」

という話をします。

たとえ話なんですけど、昔むかし、

人間が外を歩いていたら,

前からトラがでてきた。

 

トラが出てくると

ビックリしますよね。

ビックリすると、

体の外側に起きる変化としては

手から汗が出る、

足の裏からも汗が出ます。

 

なぜ汗が出るのかというと、

トラと戦うか

逃げるしかないんです。

 

それ以外に、

トラに食われるかっていう

選択もあるんだけど(笑)

 

一応、人間は

防衛しなきゃいけないからね。

それで、逃げるとすると

足が乾燥していると

大地を踏みしめられなくて、

すべって転ぶから、

足の裏から湿気が

出るようになってます。

 

それから、

棍棒をもって戦おうとか、

楯を持って戦おうって

いうときは手が

ピタッと棍棒とか楯を

おさえていないといけない。

 

だから、手から汗が出る。

時代劇でも、戦いの前になると、

刀の柄水でぬらしたり、

ああいうことをするのは手が

スベって刀が落っこち

ないようにしてるのね。

 

それを自然のうちに

からだがやってくれる。

ホントに、

人間のからだはすごくよく

できているんです。

 

じゃあ、からだの中では

どうなっていますかっていうと、

血液中にアドレナリンなどの

いろんなホルモンが出る。

 

それから血をかためる

作用がある物質も出ます。

 

なぜかというと、

トラと戦うとき、スパっとトラに

爪できられることもあるよね。

爪が刺さっちゃうこともある。

 

そうなったとき、

すぐ血を止めなくちゃ

いけないから、

血をかためる物質がどんどん

出るようになってる。

 

それから、頭に

血が回らなくてフラフラしたり

すると戦えないから、

アドレナリンが出て

 

心臓がドクドクして、

血圧を上げるようになってる。

 

筋肉にも力が入って緊張します。

そうやって、

闘態勢を整えるように

なっています。

 

それでトラが逃げてくれるか、

自分が逃げて

「ああ、よかった」

ということになると、

 

戦闘状態から「休め」の

状態になります。

 

脳から休止命令が出て、

グーっと固まっていた

筋肉がゆるむし、

圧も下がるし、

正常に戻るようになってます。

 

ところが、

実際にトラに会わなくても、

 

精神的なストレス、心配や怒り、

 

恐怖や不安などがあると、

本人が気づかなくても

ジワジワと戦闘状態と

同じ反応を、

からだがしてしまうんです。

ですから、今の人は

なかなか休止命令が出ません。

 

 

 

 

💕今はトラに会うことは💕

めったにないんだけどね…

 

 

 

今は、たとえば、

小さい時から学校で

競争させられたりしますよね。

 

それから、

道路には車がブーブー走ってて、

横断歩道なんかを渡るときは

「車にひかれたら死んじゃうよな」とか

思いながら歩かなきゃいけないんです。

 

昔は、そんなこと、なかったんですよ。

昔の人は、たいがい、ちっちゃい村で生れて

病気ひとつしないで死んでいったんです。

ホントですよ。

 

医者にかからないぐらい、

みんな健康だったの。

 

それで、その頃って、

食事のバランスなんかも

意外にとれてたんです。

 

自然のものを食べてて、

それしかなかったんですから。

 

今、みんなが心配してる、

農薬なんてものはなかった。

 

ニュースは村の話題しかなくて。

村で人殺しが起きるのは

数百年に一回で

ホントに平和だったの。

 

今は、テレビをつけると毎日のように

「どこの誰さんが誘拐されました」

とか

「殺されました」とかって。

 

日本じゅうに悪いニュースばかり

流されているから

「いつか自分も殺されるんじゃないか」

「娘が、さらわれるんじゃないか」

とか

不安になっちゃう。

 

自分が勝手に想像して、

不安状態になるの。

不安になると、ほぼ毎日、

いつもトラにあってるのと

同じ状態が続くんです。

現実に起きていなくてもなるんです。

 

ホントに娘がさらわれていなくても、

「もし、娘がさらわれたらどうしよう」

って思ってると、

さらわれたときと同じ状態にそ

からだはなるんです。

 

れが証拠に今、目の前に

どんぶり一杯の

すっぱそうな梅干しが

ここに出たとしたら、

それを想像しただけで

今、ツバが出ましたよね。

 

ということは、

想像すると見たのと

同じような現象が起きるんです。

 

からだのなかで

血をかためる物質とか、

血圧をあげるホルモンとかを

どんどん、つくります。

からだのなかに、

たまってくるんです。

 

そんな状態が続くと、ある日、

血がかたまっちゃうの。

で、

血管がふさがっちゃう。

脳の血管が

ふさがっちゃうと、

ひっくり返って

倒れちゃったりする。

 

それから、血圧も上がっちゃう。

血圧が上がったまま、

ずっといると

ある日、血管が切れちゃう。

 

脳の血管が切れると、

脳溢血になるよね。

 

そういうのが腎臓で起こると

「腎臓が悪い」だとか

肝臓で起これば、

「肝臓が悪い」だとか

いうことになるんです。

 

だけど、そういう物質とか、

ホルモンが出るのが

一時的がもので、

 

ちゃんとストップできれば、

なんてことはないんです。

 

ストップしちゃえば、今たまっている

ものって、

オシッコから出たり

汗から出たり、

便から排出されたり

自然に分解してくれたり、

たいした問題ではないんです。

 

いけないのは

ストップできないで、

物質が出続けてしまって

体内のバランスが崩れて、

自分で自分の病気を作ってしまう。

 

これが今すごく、

一番多いと私は思っているんです。

 

 

 

今日はここまでとしまして・・

 

 

人間の体って凄いですね

今は、トラに会うことはないですが、

いろんなストレス、

たくさんのストレスで

体は戦闘態勢になっているのですね。

想像しただけで、

 体は反応してしまう・・ 

 

では、どうしたら戦闘態勢を

なくすことができるか・・

 

 

それは、言葉や想い考え方…(*'▽')

 

 

 

笑顔のあなたに 

今日も全ての良き事が

雪崩の如く起きます

 

 

最強の肯定語

 

なんとかな〜る!

なんとかな〜る!

なんとかな〜る!

 

なんとかなるから・・大丈夫!

 

 

最後までご覧頂き…

感謝してます

 

 

 

 

 

kenkoshokuhinninnteitentsuyakoserapisuto

室内2

 

〒756-0088
山口県山陽小野田市東高泊663−6
電話:0836−84−7259

斎藤一人さんの銀座まるかん特約店

まるかんのお店 岡井家
LINE@でついてる情報GET

↓↓↓
友だち追加

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM